活用事例

自己実現

倒産からの大逆転!

かつて相談をいただいた青年からこんなメールをもらったことがあります。

「細川様、とうとう僕の夢が叶いました。念願の会社を設立したのです。インターネットを使って地域の野菜を販売するビジネスです。

お会いした当時は、起業できない理由ばかり探して、資金がないとか、人がいないとか否定的な話ばかりしましたが、八白土星生まれは粘り強さが武器だと聞き、モヤモヤが晴れた気がしました。

また、自分が若いときの経験や苦労をバネとして成長できるタイプだと知り、俄然ヤル気がわいたものです。

…あのとき、九星気学に出会わなければ、今日の僕はなかったでしょう。本当にありがとうございました」

八白土星の彼は、頂点まで登りたいという意欲は盛んでしたが、気が変わりやすいところがありました。そこで、八白土星の資質を説明し、「あなたにはこんなにも長所があります。協力者に心を開いて依頼することも肝心です」といった内容のことを僭越ながら助言さしあげました。

人は新しいことに挑む一方で、大きな変化を嫌う面をもちあわせています。それでも、行動を起こさなければ現状は変わりません。むしろ運が遠ざかっていくこともあります。 起業した青年は農家のご子息でしたが、学生時代は農業の未来に不安を抱いていたといいます。

でも、ご両親が年老いていく姿を見て、「両親の喜ぶ顔が見たい」「自分たちがつくった安全で安心できる農産物をもっと多くの人に食べてもらい、社会に貢献したい」という気持ちが芽生えたそうです。

もともとその青年は独立心が旺盛で、東京で自分の会社を立ち上げるのが夢でした。しかし、インターネットを使った会社ならどこでも起業できると考え、実家で営んでいる農業に目を向けるようになったといいます。そこで、青年の夢が大きくふくらんでいったのです。

よく「自己実現」という言葉を耳にしますが、若いときに天職を見つけ、まい進できる人は本当に幸せです。それは大海からダイヤを拾うようなものです。青年はそれを実現したのです。

今日、青年から彼の畑で収穫した野菜が届きました。その箱の奥にこんなメモが入っていました。

「うちの畑は方位がいいんです。おいしくて幸せな気分を味わえる野菜を届けるのが僕の使命。そのことに気づかせてくれたのは九星気学でした。心から感謝申し上げます」

6つの体験ストーリーへもどる

Copyright 九星気学どっとこむ All rights reserved.