陰陽五行説と九星の関係

気学の原理原則のひとつに、この世のすべてのことは「陰」と「陽」の働きからなっていているという考え方があります。古代中国で生まれたもので、占いの原理となっています。

たとえば、太陽と月、表と裏、昼と夜、男と女、強と弱…というように、すべてのものは相反する資質をもつ2種類に分けられます。

さらに、その働きは木(もく)・火(か)・土(ど)・金(きん)・水(すい) の5つに分類されます。これを五行(ごぎょう)と呼び、古来中国では万物はこの5つの元素から構成されていると考えられてきました。

この陰陽と五行を合わせて「陰陽五行説」(いんようごぎょうせつ)と称します。気学の中核をなす考え方です。

◆木(もく)…花や木の葉が幹の上を覆っている立木を思い浮かべてください。木製製品のみならず、樹木の成長・発育する様子を表わすことから、万物を成長させる「暖かい気」を意味します。季節でいえば「春」の象徴。方位でいえば「東」、色でいえば「青」に当てはまります。

◆火(か)…メラメラと光り輝く炎を連想してください。文字どおり火のような灼熱の性質を表わします。また、火や炎のみならず、万物を旺盛にさせる「暑い気」、発熱作用や明るく輝く光を指します。季節でいえば「夏」、方角でいえば「南」、色彩でいえば「赤」を象徴します。

◆土(ど)…植物の芽が地中から発芽する様子を連想してください。もとは「湿った気」を意味しますが、これは万物を育成・保護する一方で腐敗もさせる性質のことです。季節でいえば四季の中間に当たる土用「季節の変わり目」にあたり、方位は「中央」、色は「黄色」を意味します。

◆金(きん)…土中に輝く鉱物・金属を連想してください。鉱物や金属製品に象徴されるように冷徹・堅固・確実な性質を意味します。同時に植物に実を結ばせる「涼しい気」も意味し、季節では収穫の「秋」、方角では「西」、色彩では金属が輝く「白」に当てはまります。

◆水(すい)…泉から涌き出て流れる水をイメージしてください。それはまさに「命の泉」のことで、胎内と霊性を兼ね備えた性質を表わします。水といっても水そのものだけでなく液体状のものすべてを指し、季節なら「冬」、方角なら「北」、色なら「黒」を象徴します。



宇宙には目に見えないエネルギー(気)が満ちており、それは一定の法則に沿って循環しています。陰陽五行説では、気は、木 → 土 → 水 → 火 → 金 → 木 のように循環していると記しています。季節なら、春夏秋冬がそうです。時間なら、朝、昼、夕方、夜、深夜、夜明け、方位なら東西南北、干支でいえば子から始まる十二支といったようにぐるりとまわれば、またもとに戻ってくるという循環です。

さらに、気学ではそれぞれが生まれながらにもっている運気を大まかに9つ(一白水星〜九紫火星)に分類し、まずその人の運命を予測、判断します。次に悪い運命を避け、幸運な運命を開くための具体的なアドバイスをします。

五行(木、火、土、金、土)のエネルギーは、さらに9種類の働きに振り分けることができます。 これを「九星」(きゅうせい)と称します。「星」という文字を使っていますが、精気やエネルギーのことだと解釈してください。九星気学の「九星」とはこの9種類のエネルギーのことで、九星気学はこれをもとに運勢をよい方向に運ぶ開運法のことなのです。

それぞれが五行に対応しており、次のように分類されます。

三碧 九紫 二黒 六白 一白
四緑 五黄 七赤
八白

●木星の系列…三碧、四緑、越す。
●火星の系列…九紫
●土星の系列…二黒、五黄、八白
●金星の系列…六白、七赤
●水星の系列…一白

このように九星のもつ性質を五行に割り当て分類したものが「九星気学」なのです。

@  一白水星(いっぱくすいせい) 「水」が象徴する特徴をもつ
A  二黒土星(じこくどせい)   「土」や「大地」が象徴する特徴をもつ
B  三碧木星(さんぺきもくせい) 「草」や「雷」が象徴する特徴をもつ
C  四緑木星(しろくもくせい)  「風」が象徴する特徴をもつ
D  五黄土星(ごおうどせい)   「大地」や「地震」が象徴する特徴をもつ
E  六白金星(ろっぱくきんせい) 「宇宙」「天」や「鉱山」が象徴する特徴をもつ
F  七赤金星(しちせききんせい) 「湖」や「秋」「金属」などが象徴する特徴をもつ
G  八白土星(はっぱくどせい)  「山」が象徴する特徴をもつ
H  九紫火星(きゅうしかせい)  「火」が象徴する特徴をもつ

一白、二黒、三碧・・・などの数字は方位盤の順番、白や黒、碧などの色は9つの気(見えないエネルギー)の動きを表わしています。水星や木星の「水」や「木」は、気の性質を表わし、「星」は天体の星ではなく、エネルギーの流れを分類したものです。

九星にはそれぞれ「白」や「黒」など色がついていますが、これも気を象徴しています。



●一白金星、一白水星、八白土星に使われている「白」⇒秋の土用、冬、冬の土用の無色透明な寒冷の気を象徴
●三碧木星の「碧(みどり)」⇒春の草木を若緑色にする酸素性の気を象徴
●四緑木星の「緑」⇒春の土用の陽光を受けて緑を濃くしていく若葉の気を象徴
●九紫火星は「紫」⇒夏の太陽に焼かれた緑の葉が紫色になる気を象徴
●二黒土星の「黒」⇒紫色になった葉が残暑の日ざしに熱せられて黒ずんでいく、夏の土用の気を象徴
●七赤金星の「赤」⇒黒ずんだ葉が秋の陽をあびて紅葉していく気を象徴
●五黄土星の「黄」⇒地球の土の色で、エネルギーに満ちた大気の気を象徴

このように一白金星から九紫火星までの九星はそれぞれに意味があります。 九星のもつ意味やその事象などを「象意」(しょうい)と呼びます。たとえば一白水星は「水」の精気を与えられており、「水」が象徴する特徴を宿しています。水に関連して液体や水泳、入浴のみならず、一見して水とは関係のない白黒や再生なども象意となります。いわば気のシンボルとなる「アイコン」や「マーク」のようなものです。

繰り返しますが、九星の「木星」「土星」「金星」「水星」は、星座や惑星のことではありません。「星」の字がついていますが、宇宙のエネルギーの流れだと解釈してください。水星なら「水の精気」の流れ、土星なら「土の精気」の流れという意味です。

それぞれの星には五行の相関による相性があります。相性のよい関係を「相生」(そうしょう)と呼びます。 相生関係は五行の性質から成り立っています。

●木生火(もくしょうか)=木は火を生みだし、燃やす
●火生土(かしょうど)=火は燃え尽きて灰となり、土となって大地に還る
●土生金(どしょうきん)=土の中から金属が生まれる
●金生水(きんしょうすい)=金属の表面に水滴が生まれる
●水生木(すいしょうもく)=水は木を育てる

相性において、相手によって自分が生かされる関係を「生気」(せいき)と呼びます。たとえば火の五行をもつ九紫火星の人にとって、三碧、四緑の木星は自分を生かしてくれるありがたい星ということになります。

九星気学ってなに?

相生(そうじょう)
木は火を生じ、火は土を生じ、土は金を生じ、金は水を生じ、水は木を生ずるというのが、「相生」といいます。
この関係は永遠の循環を示すものです。
「相性が良い」という言葉はここから生まれました。

九星気学ってなに?

相剋(そうこく)
木は土に勝ち、土は水に勝ち、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝つというのが「相剋」です。
・木は土から養分を吸い取って成長する。
・土は水を吸い取ってしまう。
・水は火を消してしまう。
・火は金属を溶かしてしまう。
・金属は木を切ってしまう。

いっぽう、自分が相手を生かす関係は「退気」(たいき)と称します。たとえば三碧や四緑の木星の人は自分が努力をして、火を燃やします。木星の人にとっての火星がこれに当たります。 「木」と「木」、「土」と「土」など、同じ系統の星は「比和(ひわ)」と呼び、相生と同じ、よい影響を与え合う関係です。

相性のよい五行がある一方で、反対に相性の悪い五行もあります。悪い影響を与えるものの関係を「相剋」(そうこく)といいます。

●木剋土(もくこくど)…木は土を押しのけて根を張り、その養分を吸い取る
●土剋水(どこくすい)…土は水を汚し、流れをせきとめる
●水剋火(すいこくか)…水は燃え盛る火を消す
●火剋金(かこくきん)…火はその熱で金属を溶かす
●金剋木(きんこくもく)…金はノコギリやカンナとなって木を傷つける

相剋において、特に自分に悪い影響を与える相手を「死気」(しき)と呼びます。逆に自分が相手に対して悪い影響を与える場合は「殺気」(さっき)と称します。

五行のそれぞれの要素は、このように互いに助けたり助けられたりという関係と、互いが反発し合う関係とがあります。

九星 相生の関係 相剋 の関係
生気 退気 比和 殺気 死気
一白水星 六白、七赤 三碧、四緑 なし 九紫 二黒、八白、五黄
二黒土星 九紫 六白、七赤 八白、五黄 一白 三碧、四緑
三碧木星 一白 九紫 四緑 二黒、八白、五黄 六白、七赤
四緑木星 一白 九紫 三碧 二黒、八白、五黄 六白、七赤
五黄土星 九紫 六白、七赤 二黒、八白 一白 三碧、四緑
六白金星 二黒、八白、五黄 一白 七赤 三碧、四緑 九紫
七赤金星 二黒、八白、五黄 一白 六白 三碧、四緑 九紫
八白土星 九紫 六白、七赤 二黒、五黄 一白 三碧、四緑
九紫火星 三碧、四緑 二黒、八白、五黄 なし 六白、七赤 一白

詳しくは当サイトの相性診断でもご覧になることができます。

Copyright 九星気学どっとこむ All rights reserved.